東三国にある讃岐うどんの名店 熟成うどんなかや

グルメ

大阪に住んでいると初めて讃岐うどんを食べた時、麺のシコシコという食感に衝撃をうけたもんです。大阪の人間なので大阪うどんも捨てがたいですが、讃岐うどんの名店といえるお店を発見したので紹介します。

熟成うどんなかやの店舗情報

最近うどんというとセルフのうどん屋に行く事が多く、手軽に食べられるのであまり新規開拓することがなかったのですが、たまたま東三国に用事で行った際に入ったお店がなかやうどんです。店の外観はうどん屋っぽくない雰囲気で、店内の内装もオシャレな雰囲気。

東三国というとオフィスがあるのかなという程度の印象でしたが、なかやうどんの周辺は中々オシャレな飲食店が多くて正直驚きました。

なかやのうどんは完全自家製麺で、香川直送の国産小麦粉を使用しており、のどごしが良いうどんで小麦の風味を感じられるものでした。気候の変化に応じて塩度・加水率の調節を行っているというこだわりがあり、久しぶりに本格的な讃岐うどんを食べました。

熟成うどんなかやのメニュー

実に様々なうどんのメニューがあり、出汁もヒヤアツやヒヤヒヤなどを選ぶことが出きますが、ぶっかけうどんがおススメです。お出汁は北海道産の数種の天然昆布と四種のかつお節等をブレンドしたものでそれ自体、美味しいのですが、やはりそれ以上にうどんがイイです。

讃岐うどんといえば色々な揚げ物のトッピングが魅力でもあるのですが、最近ハマっているとり天にしました。もも肉のとり天は下味がしっかりついてジューシーな仕上がりです。

うどん通はうどんを噛んではいけないという言葉があるようですが、まずは無視して噛んで食べました。太めのうどんは、シコシコした歯触りのコシともっちり感がたまりません。もちろん、つるっとしたのどごしも楽しめます。

一緒に注文した豚みそごはんは、豚ミンチと麦みそを甘く炒めた鹿児島の名物の豚みそでこのみそをあてにお酒を飲むのも美味しんじゃないかと思う味噌でした。

お腹いっぱいだなと思ったものの、甘いものが食べたいなと壁を見た時に目に入ったメニューでついつい頼んでしまったのが安納芋の天ぷらです。

さつま芋の天ぷらといえば甘くて美味しいですが、安納芋ということでさらに甘みがたっぷり、ホクホクとしていも天の中でも最上級といえます。うどんのトッピング用というよりは本当にスイーツに近い感じです。

熟成うどんなかやへの地図 駐車場情報

専用の駐車場はありませんが歩いて1分の所にコインパーキングがあるのでそちらに停めて行くことをお勧めします。電車だと大阪地下鉄御堂筋線東三国駅5番出口から東三国の駅から徒歩2分程度で着きます。

お昼はサラリーマンのランチとして人気で混雑するので夜に行くと居酒屋のような雰囲気で落ち着いて食べることが出来ます。鴨の旨みがたっぷり出た出汁の「鴨のうどんすき鍋コース」などの宴会向きのお得なコースもあるようです。

大阪府大阪市淀川区宮原5-3-52 フォルム新大阪 1F

コメント

タイトルとURLをコピーしました