石見銀山~島根県太田市の世界遺産を巡る~

旅行

石見銀山世界遺産センター

石見銀山の坑道周辺は、保護地域になっているので石見銀山世界遺産センターの駐車場からバスで移動します。「大森」で下車し、徒歩で30分、又は大森近くにレンタルサイクルがあるので自転車だと10分かからない程度で龍源寺間歩行動に到着します。

世界遺産センターの駐車場(400台程度)は無料で、センターの展示室には石見銀山の歴史と鉱山技術についてわかりやすく紹介されています。

石見銀山 龍源寺間歩坑道

iwamiginnzann

岩見銀山は戦国時代の後期から江戸時代前期に自然破壊することなく、大量の銀を採掘した日本最大の銀山です。

2007年に島根県大田市の石見銀山遺跡が世界遺産登録され、有名になりました。石見銀山の坑道は600以上の間歩があり、一般公開されていないものを含めると600m以上に及ぶといわれています。その中で唯一龍源寺間歩坑道(大人410円、子供200円)は常時公開されています。

%e7%9f%b3%e8%a6%8b%e9%8a%80%e5%b1%b13

坑道の中は部分的にライトアップされており、手作業で掘られた当時のノミの跡などを見ることが出来ます。

定時ガイドツアーに事前に申し込めば、地元ガイドさんが坑道の中や周辺エリアの見どころを解説してくれます。

問い合わせ先
石見銀山ガイドの会(0854-89-0120)

石見銀山 大森地区で味わうランチ

%e7%9f%b3%e8%a6%8b%e9%8a%80%e5%b1%b14
坑道を堪能した後は、お食事が気になりますよね。銀の採掘で賑わっていたであろう大森地区は古民家の雰囲気を残したお洒落なお店がたくさんあります。そんな中、立ち寄ったCafe & Dining Roomin’。

%e7%9f%b3%e8%a6%8b%e9%8a%80%e5%b1%b15

ふわとろたまごのデミオムライス 950円

チキンライスの上にトロトロの玉子をのせてあり、特性のデミグラスソースが絶品です。お店で人気メニューだそうです。半日じっくりと過ごせる石見銀山と周辺のエリア観光でした。

Cafe & Dining Roomin’のアクセス

住  所:島根県大田市大森町ハ115
営業時間:11:00~17:00
定 休 日 :火曜日
席  数:35席

コメント

タイトルとURLをコピーしました