伊勢神宮の初詣

寺社・仏閣

伊勢神宮の初詣はどれくらい混雑するのか

昨年初めて近所でない初詣に行った先が三重県の伊勢神宮。例年、三が日で約60万人程度参拝に訪れる明治時代から戦前までは日本ですべての神社の上に位置する神社とされた場所です。親しみを込められて「お伊勢さん」や「大神宮さん」と呼ばれることも。そんなお伊勢さんの初詣はどれくらい混雑するのかについて紹介します。

伊勢神宮の交通規制や混雑する時間帯

伊勢神宮には「内宮」と「外宮」があり、少し離れた場所にあるため、有名な内宮だけを参拝する人も多いのですが、外宮を参拝してから内宮を参拝するのが正式なお参り方法です。初詣も外宮から内宮へと参拝すると、よりご利益があるとされています。

元日の最も混む時間の11時頃でその時間だと2~3時間は覚悟したほうがいいでしょう。12月31日の23時過ぎから初めの混雑のピークを迎え、1日の3時頃まで続きます。朝7時頃から次の混雑が始まり、外宮は19時頃、内宮は20時頃まで混雑が続きます。

ですので、早く初詣に行きたくかつ混雑しない時間帯は、元旦4時~7時頃が最も混まない時間帯と言えるでしょう。

1月4日は昭和42年に当時の佐藤栄作首相が参拝して以来、現職の総理大臣と農水大臣が訪れることになって交通規制が掛けられる時間があります。ですので、4日は早い時間にお参りするのがおススメです。

伊勢神宮の駐車場

外宮には、約300台が駐車できるスペースが隣接され、外宮にもすぐに参拝出来る場所にあります。駐車料金は無料ですが、元日はかなり混雑しています。午前3時~6時くらいは混雑していませんが、それ以降は夜の7時くらいまで混雑が続きます。近隣にコインパーキングがないので、混んでいてもこの駐車場を並ぶしかありません。

続いて内宮の駐車場ですが、一番近い内宮A1・A2駐車場は併せて207台ありますが、コチラはかなり混雑しています。その他に内宮A3、A4、内宮B1~B6まで駐車場があるので、少し離れますが、そちらで停めるのが良いでしょう。

現在の状況を知りたい場合は下記サイトで確認出来ます。
>>内宮周辺駐車場のリアルタイムの混雑状況

伊勢神宮のアクセス

伊勢神宮の外宮は伊勢自動車道の伊勢西ICを降りて、32号線を伊勢神宮外宮方面に向かい、スムーズにいけば、伊勢西ICから5分ぐらいの所です。

内宮は伊勢自動車道の伊勢西ICを降りて、32号線を伊勢神宮内宮方面に向かい、「宇治蒲田」の交差点付近がB駐車場です。伊勢西IC方面から来て、この交差点を右折して暫く走るとA1・A2駐車場が見えてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました