ジブリの大博覧会 兵庫の感想や混雑状況などを紹介

イベント

先日、兵庫県立美術館で開催されているジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~に行ってきました。

ジブリ作品は幼い時から全作品見ています。どれが好きな作品かは恥ずかしいのでおいておき、この展覧会では、当時のポスターやチラシなどの広告宣伝物を中心とした制作資料や企画書などの未公開資料がタップリとみることが出来ます。

子供から大人まで楽しむことが出来るジブリの大博覧会ですが、関西では7月1日までと迫っています。東京では50万人もの人が来場した人気の展覧会になっています。

ジブリの大博覧会 兵庫の開催概要

ジブリの大博覧会は2005年に開催された愛・地球博もので今までに新潟・東京・長崎・ソウル・大分ときて第7弾として兵庫県で開催されることになりました。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
  • 会 期 :2018年4月7日(土)~7月1日(日)
  • 休館日 :月曜日ただし4月30日は開館 5月1日は休館
  • 会 場 :兵庫県立美術館ギャラリー棟 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
  • 開館時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 主 催 :読売テレビ、読売新聞社、東映、ローソンチケット
  • 共 催 :兵庫県立美術館
  • 企画制作協力 :スタジオジブリ
  • 後 援 :兵庫県、兵庫県教育委員会

見どころはネコバスと空とぶ飛行艇

最初のコーナー「ジブリのバー」では巨大なトトロが出迎えてくれます。次に歴代作品のポスターが数多く、展示されています。

この映画のこのポスターは見たことがないなという新たな発見があったり、当時のことを思い出したりと楽しめます。さらに進むと中吊り広告も展示してあります。

他には、ジブリ映画の宣伝やキャッチコピーができるまでの過程などが詳しく展示してあります。個人的にはジブリの広告がどうやって作られたかというのは大変興味深く見ていました。

ねこバスコーナーではねこバスに乗ることが出来るので、子供連れで行くには楽しめるコーナーです。

ねこバスのコーナーは大変人気なので平日・休日問わず、混んでいる時間は長くて45分~60分ほど並ぶ必要があります。

会場内で撮影OKなのはこの「ねこバス」コーナーと最後の「空とぶ飛行艇」コーナーです。しかし、ねこバスでの撮影は混雑の影響で開催当初は土日祝日でも撮影出来たのですが、平日のみ撮影が可能ということになりました。

博覧会をみた感想

アニメの展覧会においてイメージ的にセル画や原画の展示がメインであることが多いと思うのですが、今回の「ジブリの大博覧会」の感想は告知ポスターやキャッチコピーなどジブリの宣伝に関する資料、ジブリの倉庫では過去のグッズがかなりの数展示されていました。

鈴木プロデューサーの机も展示されていて、その本棚には沢山の作品ごとの資料が整理されており、鈴木さんの性格も感じる事が出来ました。タイガーモス号と空飛ぶ飛空艇の大型模型があったのですが、天空の城ラピュタと王蟲(オーム)の大型模型もあれば良かったかなと思いました。

ですので、子供だけでなく大人も楽しめる内容になっていたのが個人的には良いなと思います。残念な点は、ねこバスの写真を撮るところをもう少し効率的に待ち時間を無くす努力をして頂ければ良かったかなと思います。

どれくらいの時間で回れるか

どれくらいの時間で回れるかは混み具合と展示物をじっくりと見るかなどによるので一概には言えませんが、しっかりと見るとして、平日なら1時間~1時間半、土日祝日なら2時間くらいの時間を見ておけば良いかなと思います。

休憩スペースも数多くはないもののあるので疲れた場合、ベンチがあるので休むことも出来ます。ねこバスの写真撮影をしようと思うとプラス30分から1時間余計にかかると思っていてください。

チケットの購入はどこで出来るのか

ローソンチケットやセブンチケット・イープラス、楽天チケット、チケットぴあ、CNプレイガイド、阪神プレイガイドなどで事前に購入出来ます。

チケットの価格は一般 1,600円・大高生 1,200円・中小生 700円です。

現地で当日券を購入しようとすると、平日はそこまでではありませんが、土日はチケットを購入するために1時間とか平気で並びます。

ですので、チケットは事前に購入しておくのがオススメです。しかし、買うのを忘れてしまったという時にオススメの購入方法を紹介します。

混雑を回避してチケットを買う方法

事前にチケットを購入しているのが、一番かと思いますが、当日券がなければ、北から兵庫県立美術館に行く途中にある「BBプラザ美術館」で購入するのがおすすめです。

場所は、阪神岩屋駅南下車。ミュージアムロード沿い(東側)です。

こちらで当日券取扱いをしており、日曜日でも5分くらい並んだだけで購入できます。
昼過ぎに兵庫県立美術館に着くとチケット売り場に長蛇の列が・・・。(1時間近く並んでいると思います)
しかもチケットを買ってから、13時半の時点で入場までにさらに30分待ち。
チケットなしで、しかも土・日、祝日の昼過ぎから行くと、トータルで1時間半くらい並ぶハメになります。
ですので、「BBプラザ美術館」で当日券を買ってから向かうのが、良いでしょう。

混雑状況

スタジオジブリはやはり人気です。平日でもそれなりに人がにぎわっています。土日などはチケットを持っていても、30分以上並んで入場しないといけないこともザラです。

ゆっくりと見たいと思う方はやはり平日がオススメです。

しかし、お子さんや休みの日じゃないと来場できないという方はチケットを事前に購入しておき、開館直後の10時か閉館の1時間半前くらいに行くと、スムーズ且つじっくりと見ることが出来ます。

オススメ情報

6/13からは「プラド美術館展」が同時開催されています(10月14日まで)。

関西では12年ぶり、兵庫県立美術館では初めてのプラド美術館展で見所は、スペイン王家によって収集された数多くの展示品は、色彩豊かな作品、大きな迫力ある作品など飽きることなく楽しめます。

大学生卒業して直ぐの頃に前回のプラド美術館展に行っていますが、それまで全く興味のない美術展に行くきっかけになった美術展です。

朝から行けば、「ジブリの大博覧会」と同時に鑑賞できます。お子さんが一緒だと難しいかもしれませんが、1日芸術に浸るのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました